太陽光発電でエコ生活

ごみを減らす

文化的で衛生的な生活を送るためには、必ずごみが排出されます。ごみをゼロにすることは出来ませんが、リサイクルやリユースを進めることによって最終的にごみとなる量を減らすことは出来ます。ごみの減量はエコ生活の大切な一部です。

ごみを減量する方法は、大きく分けて2つあります。1つはごみになりそうなものを買わない、入手しないことです。過剰包装の商品を買うと不要な包装紙がごみになるので避け、ショッピングバッグを持参するとスーパーでレジ袋をもらうこともありません。マイボトルやマイ箸などの運動も、基本的には使い捨てで使用される缶やペットボトル、割り箸などのごみを出さないようにするための工夫です。

もう1つの方法は、排出されたごみの再利用、再資源化です。あくまでもごみそのものを出さないように工夫することが先ですが、それでもごみとして出てしまったものは出来るだけ再利用し、再利用が難しいものは再資源化します。リサイクルは再資源化の過程でエネルギーを消費し、CO2を排出するため、エコ生活の優先順位としては最も低い位置づけになります。

運送業界は段ボール箱をやめてプラスチックコンテナに変えて使い回しており、ビール業界はビール瓶を洗浄して何度も利用しています。これらはリユースの典型例です。

エコ生活のためには、出来るだけ環境に配慮した製品を選んで購入することでごみを減量し、メーカー側の商品開発をエコ生活寄りにシフトさせることが出来ます。

エコ生活の手引き

電気を節約する

節電は電気料金を低減するだけでなく、発電時に消費される資源を節約し、発電時に排出されるCO2を削減する効果があります。節電はエコ生活によって出来る、直接的な環境保護への貢献です。

ガスを節約する

ガスは石油などと違って補給の必要がなく、便利なエネルギーです。しかし、ガスを利用すると資源を消費し、燃焼によってCO2を排出します。ガスの節約はこれらの環境負荷を低減するため、エコ生活には欠かせません。

水を節約する

日本は古くから水に恵まれた国です。水道水がそのまま飲めることから、水はタダであるという認識が定着しており、無駄遣いが随所に見られます。節水は今すぐ始められるエコ生活です。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright (C) 2008 太陽光発電でエコ生活 All Right Reserved.