太陽光発電でエコ生活

環境ホルモン

PCBやDDTとは、日本では現在使われていない有害な農薬です。これらの農薬が使われなくなった理由は環境ホルモンに指定されている有害物質が含まれており、人体ホルモンの働きを狂わせてしまうことが分かっているからです。輸入野菜の残留農薬が問題視されているのは、こうした環境ホルモンを含む農薬が現在でも使われている国があるからです。

もう一つ、環境ホルモンとされている物質の中で有名なものとしてダイオキシンがあります。ダイオキシンは物質自体が猛毒で、多くの量を摂取してしまうと死に至ることもあります。問題なのはそれだけでなく、ごく微量のダイオキシンであっても環境ホルモンとなって人体に悪影響を及ぼすことです。

人体が環境ホルモンの影響を受けるとどうなるのかと言いますと、最も顕著な例としては性ホルモンのかく乱があります。生殖能力がダメージを受け、男性の精子数が少なくなるなどの影響はすでに出始めています。他にも生殖器のがんなどを引き起こすとも言われており、精神面でも知能の低下や注意力欠如などの悪影響が出ることが分かっています。

生殖機能の異常は生命そのものの存亡に関わることなので、環境ホルモンの問題は深刻に捉えられています。環境ホルモンを避けるためには、プラスチック製品を避けることや合成洗剤、食品添加物に注意することが効果的です。これに加えて、一定以下の温度でビニールなどを燃焼するとダイオキシンが発生するため、ごみの野焼きなどは行わないことが重要です。

身近な環境問題

地球温暖化

地球環境問題の中で最もよく取り上げられるのが地球温暖化現象です。それは局地的な問題ではなく、地球全体で同時に進行する問題だからです。

オゾン層破壊

太陽光線の中には、人体に有害な紫外線も含まれています。有害な紫外線は上空でオゾン層が吸収してくれています。そのオゾン層がフロンガスになどによって破壊されていることが問題となっています。

ごみ問題

衛生的で文化的な生活をしている以上、ごみは必ず出ます。大量消費社会の進展によりごみの量は増え続け、あらゆる問題を引き起こしています。

食料問題

私たちが毎日食べている食糧は、全てが自然からの恵みです。その自然が環境破壊によって脅かされ、食糧生産の減少が食糧問題として顕在化しました。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright (C) 2008 太陽光発電でエコ生活 All Right Reserved.