太陽光発電でエコ生活

オゾン層破壊

紫外線というと日焼けを連想しますが、紫外線にはA、B、Cという3つの分類があり、日焼けや日光浴など体に良いとされているのは紫外線Aです。最も有害とされるCはオゾン層によって完全に吸収されてしまい、AとCの中間にあたるBは一部が地上に到達します。紫外線BとCは人体の遺伝子を損傷する作用があるため、皮膚がんや白内障の原因となってしまうなど、有害であることが分かっています。

上空にあるオゾン層はこの有害な紫外線を吸収する働きがあるため、これまでは有害紫外線が問題になることはありませんでした。しかし、人間が排出した物質の中にオゾンを分解する働きを持つものがあるということが分かりました。代表的なものが冷媒などで使用されるフロンガスです。

世界中で排出されたフロンが上空でオゾンを分解し、オゾン層が減少し始めたことが問題になるのと同時期に、オゾンホールと言ってオゾン層に穴が開いてしまう現象も観測されるようになりました。オゾンホールは主に南極上空で発生しますが、人口密集地で同じことが起きると人体への影響は計り知れません。

その対策として、世界規模でフロンガスの使用規制が行われました。オゾン層には本来減少したオゾンを回復する能力があり、フロンガスなどの排出を減らすことによって自然に回復させることが出来ます。そのため、現在では引き続きフロンガスの使用規制が行われています。

身近な環境問題

地球温暖化

地球環境問題の中で最もよく取り上げられるのが地球温暖化現象です。それは局地的な問題ではなく、地球全体で同時に進行する問題だからです。

環境ホルモン

人体に悪影響のある化学物質は数多くあります。その中で直接的な毒性はないものの、体内でホルモンの働きを狂わせてしまうものを環境ホルモンと言います。環境ホルモンの問題点について見てみましょう。

ごみ問題

衛生的で文化的な生活をしている以上、ごみは必ず出ます。大量消費社会の進展によりごみの量は増え続け、あらゆる問題を引き起こしています。

食料問題

私たちが毎日食べている食糧は、全てが自然からの恵みです。その自然が環境破壊によって脅かされ、食糧生産の減少が食糧問題として顕在化しました。

太陽光発電ポータルサイト

太陽光発電の補助金、ニュース
施工業者への無料見積りを調べるなら
「Solarfactory」

太陽光発電シミュレーション

衛星ひまわりを使った本格的な
発電シミュレーションを行うなら
「Solarfactory」

太陽光発電

太陽光発電の設置、システムのご購入ならゴウダへ

太陽光発電のゴウダ

環境にやさしい太陽光発電システムの設置、オール電化製品のご案内

滋賀マンション

滋賀マンション、大津マンション
周辺ガイド「BRANZ-lakesidelife」

Copyright (C) 2008 太陽光発電でエコ生活 All Right Reserved.